66歳32日間の大冒険

60代の個人旅行、カナダ・アメリカ旅ブログ。長期旅行体験。

P6・バンクーバー・キャピラノからビクトリアへ H29

 9.22(金)8:00 起床 キャピラノからヴィクトリアへ

11:00 チェックアウトを済ませてタクシ-でバンク-バ-駅へ。
ヴィクトリアまでバスとフェリ-が一緒になったチケットをネットで購入済なので チケット受け取りに行き、カウンタ-でバスの乗り場を確認する。

 

13:30 バスに乗り込む迄 2時間以上あったが駅で日記を書いたりして直ぐに二時間が経つ。

船の中で食べようと駅の売店でおすしを買った。 大きなフェリーなので食堂も有るがかなり高い。

15:00 バスに1時間30分位乗るとフェリ-乗り場に着いた。 

なんとびっくり、駅で乗ったバスごとフェリ-に乗り ヴィクトリアに着くと又、フェリーの中で又、バスに乗りそのままヴィクトリアのホテル近くまで行ってくれる。

f:id:keiko-tabi:20181104200907j:plain

フェリーの先端、大パノラマ

 すごく楽にバンクーバーの駅から ヴィクトリアのホテル近くのバス停迄行ける。

大きなフェリ-は何台ものバスや車を乗せる事が出来、壮大な景色が見られるガラス張りの大パノラマが先端に有り快適。

この楽なシステム日本にもあれば良いと思う。

 16:30 バンクーバーから ヴィクトリアへのフェリ-は1時間くらい乗る。

出るのに車やバス人が沢山なの 30分以上かかった。
     
 17:00 フェリ-の中でバスに乗り込み、バスはヴィクトリアの街を走り、ホテル近くのYEUTES・STバス停で降りる。

 17:10 歩いて10分ホテルに着く。

ここでは楽しみなホエールウォッチング!ヴィクトリアで 3泊する予定。

ヴィクトリアのホテルは高いくて海寄りとなると一人3万円くらいするらしい。
私たちは、シェヤ-ハウスにした。

部屋の狭ささえ我慢すれば わりと広い共同キッチン、食堂に洗濯機有り、バストイレ共同だが綺麗で、何より海が近く立地が良くて安い。

洗濯機使用料2ドル8キロ洗える、乾燥機2ドルで60分ほとんど乾く。

洗濯したかったので、この洗濯機は有り難かった。

朝早くからバタバタと歩く音やバタンと閉めるドア-の音、耳栓さえあれば問題なしで居心地も悪くない。

食堂には色んな人が居て、自分の食材を使い調理している。


17:30 海側に並ぶ色々なお店がおしゃれで ス-パ-カが走りそれがよく似合う街だった。

f:id:keiko-tabi:20181104202015j:plain

f:id:keiko-tabi:20181104202325j:plain

州議事堂 ヴィクトリアのシンボル的存在。

 

 

 

明日の昼から、ホォエ-ルウオッチングの予定、予約を済ませて、ぎっしり並ぶお店を見ながら歩くと 町に似合わない浮浪者があちこちに居ることに気づき驚く。        

色々揃っているスーパーを見つけサンドイッチ、ピザ、サラダ等買い込み ホテルの食堂で温かい飲み物を入れたりして夕飯を済ませる。

22:00 就寝

 

9.23(土) 8:00 起床 ヴィクトリア2日目 午後ホエ-ルウヲッチング。  
食堂で朝食は食パン等置いてあるが、自分たちで用意したもので済ます。

*ミニラ-メンは暖かいので所々で重宝した。

10:00 昨日降りたバス停に向かい側、10番のバスに乗り石油王だった人のお城のような邸宅を見学。

神戸の洋館のよう。

f:id:keiko-tabi:20181104203835j:plain

 

バスはダウンタウン内なら1日乗り放題で5ドル チケットはバス中で買える。

12:00 ホテル近くのバス停で降りると すぐ近くにマクドがあったので簡単に昼食を済ませてホテルに戻る。

 

f:id:keiko-tabi:20181115173051j:plain

13:25 ホエ-ルウオッチングのお迎えの車がホテル前まで来てくれる。
海沿いに車を走らせ街からは かなり離れたところにまで来た。

14:00 2階になっているクル-ザ-に乗り込み、上の屋根の無い席を取る。風が気持ちよく海はとても美しい、気分爽快。

しっかり厚着をして行ったのであまり寒さは感じられなかったが下の部屋ではホットドリンクが飲める。
    
14:30 クル-ザ-はずいぶん沖まで走り、急にスピ-ドを落とした。すると歓声が上がりヒレが見えた。

f:id:keiko-tabi:20181109181356j:plain

ホエ-ルウオッチングの船が沢山集まりだし、歓声が上がりシャチが数匹ジャンプをしたのが見えたが、シャッタ-チャンスを逃す。

それからはず-とカメラを向けていたが あきらめた頃に又ジャンプする。なかなかいい写真を撮るのは難しい。

クル-ザ-は鯨を追いかけポイントへと移動してくれる。何とか悠々と泳ぐ鯨の姿や、大きな尻尾で水面をたたく姿も見ることができ、
写真に収められることが出来た。オットセイの島にも案内してくれた。
     
17:00 ホエ-ルウオッチングは3時間位、予約するところは街中に沢山有り、内容や値段は色々で、分からないまま予約をした。

地元の人に聞くのも良いかも知れない。

 

絶対に外せなかったホェールウオッチング、この体験は、感無量だった。

18:30 チャイナタウンまで歩くと、中華料理店がありとても美味しかったのでご紹介。

チャイナタウンには2件並ぶ店が有り、入り口が階段になっているほうを選んだ。

2人分で3000円くらい、チップ込み。

もう何を食べても美味しくておなか一杯になり、大満足、お勧めです。         

 

20:30 食堂でお茶をしながら明日のプランを練る。明日はブッチャ-トガ-デン。
22:00 就寝

 

9.24(日)8:00 起床 ヴィクトリア3日目ブッチャ-トガ-デンへ

10:30 ブチャ-トガ-デン行きのバスが すぐ近くのバス停から出ているので乗る。到着まで1時間ほどかかった。
11:30 行きのバスには座れて良かった。

帰りのバス停では早くから居たのに、後から来た人がダッと並びだし、後ろへと追いやられ座ることが出来なかった。

*降りたらまず、帰りの時間と場所を確認。帰りのバス停では、時間前にいち早く並ぶべし!

 

f:id:keiko-tabi:20181109185729j:plain

 

ブッチャートガーデンの中に入るとすぐにアフタヌ-ンティ-の予約を入れておいた。

 

12:00 アヘタヌ-ンティ-のレストランでは美しい庭を見下ろせる2階の席に案内され、嬉しくなる。ケ-キも美味しい。

 

f:id:keiko-tabi:20181116172723j:plain

 

 

f:id:keiko-tabi:20181109184253j:plain

f:id:keiko-tabi:20181109184345j:plain

 

f:id:keiko-tabi:20181109185859j:plain

16:30 ブッチャ-トガ-デンはゆっくり回ると5時間はかかる、とにかく広い!

美しい庭や花が沢山有り写真を一杯取りたくなる。
    
18:00 帰りのバスは道が混んでいて遅くなり、疲れて部屋に着く。

18:30 海側の人気の有るシ-フ-ドレスランを予約しておいたので、たまにはちょっと豪華にロブスタ-やヒレステ-キのセットを頂く。

f:id:keiko-tabi:20181109185037j:plain

海側の人気レストラン

 20:00 ホテルの食堂でパソコン検索したり日記を書いたりし、ヴィクトリアの印象を二人で語る。今までで、一番素敵な所。美しくて穏やかな街。

22:30 就寝 明日はいよいよアメリカ、サンフランシスコへ飛行機で渡る。

 

 

9.25(月)10:15 すぐ近くの1泊3万位の高級ホテル前から 空港バスが出ている。

そのホテルの中のソファ-に座ってゆっくり待つ事が出来る。

フロントに居た青年が日本語で話しかけてきた、自分は日本にホームステイした事が有りそこの息子さんが今、自分の紹介でこちらに留学していると。


空港バス1時間くらい、二人だと割引が有りの44ドル 一人なら25ドル。

  
13:53 アラスカ航空 ヴィクトリア発  

16:00        サンフランシスコ着

カナダから明日はアメリカヘ